安部よしひで ごあいさつ

あなたの宗像は元気ですか?

あなたの宗像は元気ですか?

 私、安部よしひでは宗像に生まれ、少年期・青年期はもとより今日に至るまで、家族共々宗像の皆さまに見守られ、支えられ、育てられてきました。宗像は私にとってかけがえのない場所であり、絶対に守らなければならないふるさとでもあります。
私はこれまで20年近く青少年活動に携わり、「宗像を愛する」子どもたちや若者の育成に努めてまいりました。
また、近年は婚活を通じたまちづくり活動に取り組んでいます。人と人の縁をつなぐことを通して宗像への定住者を増やし、宗像に様々な仲間が集い交流して、新たな創造とエネルギーの源泉を生み出したいという思いで行動してきました。

笑顔とエネルギー、にぎわいに満ちた宗像

笑顔とエネルギー、にぎわいに満ちた宗像

 私の「願い」は、子どもたちへ「笑顔とエネルギー、にぎわいに満ちた宗像」を形にしてバトンタッチすることです。 しかし残念ながら、個人や小グループレベルの活動、青少年活動や婚活だけでそれらを形にすることは、容易なことではないと実感しています。
もっと大きな市レベルの枠組みの中で、様々な分野を通して全住民が力を合わせた市民運動となる体系的な取り組みが必要であると考えます。 これらまちづくりの市民運動が結実するためには、行政の支援や関わりが不可欠であり、それを確実に担うことが政治の役割でもあります。

「ベッドタウン(寝に帰る)」から「アクティブタウン(活気あるまち)へ

ベッドタウンからアクティブタウンへ

 宗像の地で生まれ・育ち・教育を受け・働き・家庭を持ち・子育てしていける地域、子どもたちが夢を持ち安心して家業を継ぐことができる地域。
そうした地域の活気は、この地にしっかりとした経済基盤があってこそ生まれます。そのためにはベッドタウンからの脱却を推し進め、地域の基幹産業の底上げと雇用を促進し、福祉や子育て・定住促進などの地域課題の解決を図っていかなければなりません。
私は、自分が大好きで誇りとするふるさと宗像に貢献するため、この度人生をかける決意をいたしました。持ち前の若さはまだ青く未熟でありますが、高い志を掲げ、あふれる情熱・貪欲な好奇心・現場主義の行動力を以って、正面からアクセル全開で踏み出していく覚悟です。

トップページ | ごあいさつ |プロフィール | ブログ |問い合わせ先 | ページの先頭へ戻る↑